抜け毛を防ぐには基礎知識を理解し日常から見直しましょう!

抜け毛を防ぐには基礎知識を理解し日常から見直しましょう!


抜け毛が気になってきたら、日々の生活を思い出してみましょう。

 

抜け毛が発生する原因ですが、頭皮の衛生管理、老化、不規則な生活、栄養の偏りなど、様々な原因が挙げられるのですが、身体はすごく元気なのに髪が抜けるとうような場合は、先に申し上げた、「頭皮の衛生」「不規則な生活」「栄養不足」を疑いましょう。

 

そもそも髪の毛が生えるメカニズムですが、毛穴の奥にある毛母細胞が重要なキーとなります。毛母細胞という名が付くだけに、髪の毛を生やす大事な細胞です。毛母細胞は、血液とともに流れてくる栄養を、毛乳頭という毛穴のそこに存在する毛を生成する部分に栄養を送り「さ、この材料で毛を作ってね」と指示をするのですが、毛母細胞の働きが弱ければ毛乳頭も働きません。

 

つまりこの毛母細胞を活発に動かせてあげれば髪の毛も自然と生えてくるというわけですが、細胞を活性化させるといっても何をすればいいのかが問題ですよね。簡単に申し上げると、以下のような事が大事になります。「睡眠をしっかりとる」細胞の新陳代謝には睡眠が非常に重要です。育毛は発毛にも大事になる「成長ホルモン」は寝ている間に多く分泌されます。

 

日中の起きている時間にも成長ホルモンは分泌されているのですが、寝ている間はその比ではありません。成長ホルモンが活性化すれば、毛母細胞の動きも活発化します。寝てる間に髪にいいことできてるなんて、不思議ですね。「栄養をしっかり摂る」人間の体はやはりどこをとっても栄養が大事です。身体を作りたくても、材料0では何も作れません。タンパク質やミネラル、ビタミンB群といった成長に必要な栄養をしっかり補給すれば、身体の生成も順調に行われます。

 

「適度な運動をする」先に申し上げました通り、毛母細胞は流れている血液循環から毛乳頭に与える栄養を取り出します。つまり、血管の中の動きが活発であればたくさんの栄養を得ることができます。まずは血を回してあげることが大事です。適度な運動をして、血の巡りをよくしてあげることで、自然と発毛や育毛に良い影響が出ます。

 

普段はあまり気にしないでも勝手に行っていることばかりなので、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、非常に大事な基礎です。育毛剤も大事ですが、自分の生活習慣の見直しでも十分に発毛や育毛の効果が得られることを頭のかたすみに置いていただければ幸いです。それでも育毛剤をどうしても探しているという方には、個人的にはフィンジアがおすすめです。医薬品で有名なミノキシジルの3倍の効果があり、かつ副作用がまったくないといわれるキャピキシルが高配合されています。フィンジア 評価なども参考になると思うので、気になる方は芽を通してみてくだしあ。

関連ページ

シャンプー選びの注意点
シャンプー選びの注意点と、髪だけでなく髭も濃くするには
抜け毛対策の要はシャンプーにあり!