美容


ひげが濃ゆいとなんとなく汚らしく見られる事があります。
ヒゲを処理する方法はいろいろですが、ここでは光脱毛について知りましょう。

 

髭を光脱毛する利点

光脱毛の場合は痛みが少ない事が特徴です。冷やしてから照射すれば痛みはほぼ無いという人もいます。ですからレーザー脱毛やニードル脱毛よりは痛みが少なくて済みます。

 

他にも料金が比較的安い点があるでしょう。脱毛エステと言うと本格的な感じがしてお金が高そうと思う人もいます。ですが、光脱毛はレーザーやニードル脱毛よりも安く、多くの人には手が出ないというほど高い施術費用ではありません。

 

また時間効率の点でも優れています。光脱毛は広い範囲を一気に照射できます。ですから1回当たりの施術の時間が短い傾向にあります。髭脱毛の場合は1回当たりで30分から1時間程度で大丈夫です。

 

髭を光脱毛する欠点

他のレーザー脱毛やニードル脱毛と比較すると効果が弱い場合もあります。光脱毛はメラニン色素のみに反応する波長の光を照射します。ただ、この欠点は黒い毛以外には光が反応しない事です。

 

それゆえ、うぶ毛や色が薄い毛などには効果が弱くなってしまいます。それから、永久脱毛はできない点も挙げられます。光脱毛は永久的な脱毛の効果を期待できるのではなくて、ある程度の期間効果が持続します。

 

光脱毛したらその後は一生脱毛しなくてもいい、という事ではありません。髭が濃過ぎて自分でやっても思うような仕上がりにならない時には、エステでプロの髭脱毛施術を受けてみるのもいいかもしれませんよ。

 

脱毛はちょっと…という人は

  • コストがあまりかけられないという人
  • 脱毛は痛みを伴うから避けたいという人

こういった人は、市販の髭を薄くするクリームがおすすめです。脱毛のような即効性はありませんが、コストも安く痛みもありません。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2017/04/26 18:16:26

太陽を浴びすぎで日焼けやシミなど気になると思いますが、それは日焼け止めなどでどうにか出来ますが、髪の毛は紫外線によりパサついたり傷んだり色あせの原因になりますし、頭皮もうっかり日焼けのしやすい危険な部位ですので、帽子などのつばの広い物で髪の毛や頭皮を守ったりするのもいいですよ。

 

また目は体の中でも紫外線を吸収しやすく日焼けの原因にもなり深刻な症状も起こりやすいです。白内障や緑内障なども紫外線による影響が大きいと言われておりますので要注意です。目を守るにはUVカット機能のついたサングラスが一番オススメです。

 

それと紫外線対策としては焼け止めは必須アイテムですし街中で過ごすだけという時もUVカット率の高い日焼け止めを使うことをオススメします。最近では体はもちろん髪の毛や頭皮にも使えるスプレータイプの日焼け止めが販売されいるので便利な紫外線グッズをお店やネットなどで調べてみるのもいいですよ。

 

日傘もとても便利な重宝アイテムの一つで、旅行では荷物になるからと敬遠されることの多い日傘ではありますがとても役立ちますしあるといざという時安心です。日傘を差すと体の大部分が紫外線から守られるだけでなく常に日陰の中を歩くことになるので体感温度が下がり熱中症対策にもなりますのでとても助かります。

 

また黒い傘よりも白い傘の方が熱を吸収しにくいので涼しく感じますし見た目もお洒落です。最近では折りたたみ式の便利な日傘も売られていますので旅行用に1つ用意するのもいいですよ。

 

あとは日焼けクリームはもちろんですが、日焼け止めに効果のある美白サプリも効果的です。太陽に負けないサプリと呼ばれるもので、紫外線から肌をまもってくれてかつ日焼けしてももとの肌に戻しやすくするサポートをしてくれます。

 

そういった新しいアイテムも取り入れながら、ぜひ今年の夏はいつもよりもう一段レベルの高いUV対策にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2017/03/25 13:59:25


抜け毛が気になってきたら、日々の生活を思い出してみましょう。

 

抜け毛が発生する原因ですが、頭皮の衛生管理、老化、不規則な生活、栄養の偏りなど、様々な原因が挙げられるのですが、身体はすごく元気なのに髪が抜けるとうような場合は、先に申し上げた、「頭皮の衛生」「不規則な生活」「栄養不足」を疑いましょう。

 

そもそも髪の毛が生えるメカニズムですが、毛穴の奥にある毛母細胞が重要なキーとなります。毛母細胞という名が付くだけに、髪の毛を生やす大事な細胞です。毛母細胞は、血液とともに流れてくる栄養を、毛乳頭という毛穴のそこに存在する毛を生成する部分に栄養を送り「さ、この材料で毛を作ってね」と指示をするのですが、毛母細胞の働きが弱ければ毛乳頭も働きません。

 

つまりこの毛母細胞を活発に動かせてあげれば髪の毛も自然と生えてくるというわけですが、細胞を活性化させるといっても何をすればいいのかが問題ですよね。簡単に申し上げると、以下のような事が大事になります。「睡眠をしっかりとる」細胞の新陳代謝には睡眠が非常に重要です。育毛は発毛にも大事になる「成長ホルモン」は寝ている間に多く分泌されます。

 

日中の起きている時間にも成長ホルモンは分泌されているのですが、寝ている間はその比ではありません。成長ホルモンが活性化すれば、毛母細胞の動きも活発化します。寝てる間に髪にいいことできてるなんて、不思議ですね。「栄養をしっかり摂る」人間の体はやはりどこをとっても栄養が大事です。身体を作りたくても、材料0では何も作れません。タンパク質やミネラル、ビタミンB群といった成長に必要な栄養をしっかり補給すれば、身体の生成も順調に行われます。

 

「適度な運動をする」先に申し上げました通り、毛母細胞は流れている血液循環から毛乳頭に与える栄養を取り出します。つまり、血管の中の動きが活発であればたくさんの栄養を得ることができます。まずは血を回してあげることが大事です。適度な運動をして、血の巡りをよくしてあげることで、自然と発毛や育毛に良い影響が出ます。

 

普段はあまり気にしないでも勝手に行っていることばかりなので、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、非常に大事な基礎です。育毛剤も大事ですが、自分の生活習慣の見直しでも十分に発毛や育毛の効果が得られることを頭のかたすみに置いていただければ幸いです。それでも育毛剤をどうしても探しているという方には、個人的にはフィンジアがおすすめです。医薬品で有名なミノキシジルの3倍の効果があり、かつ副作用がまったくないといわれるキャピキシルが高配合されています。フィンジア 評価なども参考になると思うので、気になる方は芽を通してみてくだしあ。

続きを読む≫ 2016/12/16 18:33:16

私は現在34歳ですが、かなりの薄毛に日々悩んでおります。元々高校生くらいから薄かったのですが、25歳くらいからだんだんと前から広がってきました。今では前髪というものがない状態なのですが、その進行を食い止める努力をする毎日です。

 

正直なところ既にハゲている部分を生やす事は不可能だと自分でも認識しています。そもそも毛根なるものが見当たらないからです。髭が濃いのでわかりますがオデコには既に毛根がないのです。毛根が死んでしまっているのでしょうか。ですので私は抜け毛の対策がメインです。一番注意しているのがシャンプーです。

 

若い頃はガシガシと擦っていたのですが、今は頭を揉み込むようにマッサージしている感覚で洗っています。コツとしては爪は立てずに指先のお腹の部分で頭皮を掴むような感じです。30歳の頃からこの洗い方をしており、その頃からはなんとか進行を食い止める事が出来ているように思います。

 

次に注意するのはドライヤーです。ドライヤーの前にタオルで拭き取るのですが、タオルを二つ折りにし、頭に押し付けるようにしているのみです。拭くというよりタオルに水分を染み込ませる要領です。それからドライヤーにとりかかります。ドライヤーは完全に風任せにしています。手を使いたいのですが抜けてしまうのが怖いので風だけに任せており、乾くまでにかなりの時間が必要です。私の場合一番してはいけないのが、セットする際にワックスなどをつけることです。

 

これをしてしまうとシャンプーの時に大量に抜けてしまうので、とりあえず今はこのような方法でなんとか防衛しているといったところです。今後はヘアトニックなども取り入れながらもう少し本格的にケアしていこうと考えています。
【辛口評価】効果のある男性用ヘアトニック人気ランキング!

続きを読む≫ 2016/11/05 00:31:05


髪の毛に関する事柄が気になる時には、何か製品を用いる選択肢が浮上します。薬店にて販売されている育毛製品を用いて、解決を試みることもあるでしょう。

 

しかしもっと根本的な原因で、解決できる場合があります。結論を申し上げれば、普段から使用している頭髪剤などは、たまに見直しが必要です。なぜなら、それに含まれている製品が悪い影響を及ぼしている可能性も否定できないからです。

 

シャンプーや洗髪剤によっては、やや強めな成分が入っている事もあります。いわゆるアルコール分が多めなシャンプーも、薬店では多く販売されているでしょう。そういった製品は、頭皮のすっきり感を覚える事が多いので、利用している方々も大変多いです。

 

ところがアルコールが多く含まれる製品は、頭皮に対する悪影響もあります。そもそもアルコールなどは、水分を奪ってしまうでしょう。皮膚に対してエタノール分を塗りますと、水分の不足が生じて、乾きがちになってしまいます。それで皮膚に対するダメージなどは、やはり髪の毛に関する悪影響も生じる訳です。したがってアルコール分を含む洗髪剤などは、あまり望ましくありません。

 

仮にそういう洗髪剤を使用中ならば、別製品を検討してみると良いでしょう。中には非常にマイルドな洗髪剤も、薬店などでは販売されています。洗い落とししやすい洗髪剤などは、髪の毛に対する影響度合いも少ない事が多いです。したがって髪の毛の状況が気になる時には、ちょっと洗髪剤を疑ってみると良いでしょう。

 

また、髪の薄さとは対照的に髭の薄さで逆に悩む男性も意外と多いといいます。そういった方ももちろん頭髪とおなじように増やしたり濃くしたりする方法はあります。髭を濃くする育毛剤などを使うと効果的と言われているので、そういった専門性の高いサイトを参考にするのもいいでしょう。

続きを読む≫ 2016/10/28 00:07:28